SONG 1

Long Time No See

作曲 /Sanja Lalic

作詞 / Sanja Lalic, Tomoki Ogushi

楽曲を再生する

歌詞カード

For quite some time, I feel I need more,

長い間、なにかがもっと必要だと感じてるの

More from life, more to see, to explore.

人生からもっと、見るためのものをもっと、探検するためのものを(もっと)

I really wanna try something new.

新しい何かを本当にやってみたいの。

Oh, how good this feels! If I only knew.

あぁ、これはなんて気分がよいのかしら!わかってたらよかったな。

I’m leaving my job. That’s how it should be.

仕事はやめる予定よ。そうあるべきなの。

First, I’m meeting my friend to hear what she thinks.

まずは、友達に会ってどう思うか聞いてみるわ。

Oh my, Olivia, long time no see!

あら、オリビア、久しぶりね!

Please tell me, how have you been?

教えてよ、どんな調子だったの?

You really want us to go overseas?

本当に私たち(2人)で海外にいきたいの?

We could start with Rome, Italy.

イタリアのローマからはじめるのもいいわね。

I work and enjoy my job, but I know

私は働いていて、自分の仕事を楽しんでいるわ、でもわかってるの

That I wanna try something new and grow.

何か新しいことに挑戦して、成長したいんだって。

My heart told me: “Be brave and go.

私の心が私に言ったの「勇気を出して進みなさい。

Find your calling. Just do what you love.”

使命を見つけなさい。ただ好きなことをやりなさい。」

I’m leaving my job. That’s how it should be.

仕事はやめる予定よ。そうあるべきなの。

First, I’m meeting my friend to hear what she thinks.

まずは、友達に会ってどう思うか聞いてみるわ。

Oh my, Olivia, long time no see!

あら、オリビア、久しぶりね!

Please tell me, how have you been?

教えてよ どんな調子だったの?

You really want us to go overseas?

本当に私たち(2人)で海外にいきたいの?

We could start with Rome, Italy.

イタリアのローマから始めるのもいいわね。

Oh my, Olivia, long time no see!

あら、オリビア、久しぶりね!

Please tell me, how have you been?

教えてよ どんな調子だったの?

I’ve always wanted to go where I’ve never been before,

ずっと行ってみたかったの、今まで行ったことがない場所に

to New York, to finally feel free.

ニューヨークへ、やっと自由を感じに。

表現一覧

for quite some time

「それなりに長い間」という意味。for a long time よりは短いイメージ。

explore

〜を探検する、探究する

more

もっと多くのこと・もの

more to see, to explore

この不定詞(to V)は「〜するための・〜すべき」という意味で、前のmoreにかかっている。

How good this feels

「How + 形容詞/副詞 SV! = なんて〜なのだろう!」という意味で、感嘆している気持ちを表す。よってここでは「これはなんて良い気分なんだろう」という意味になっている。

if I only knew

「If only SV. = 〜だったらよかったな。」という意味で、実際の現実に反する願望をのべる時に使える表現。Vの部分は、現在の願望でも、過去形にするのが特徴。ここでは、「わかっていたらよかったな」という意味になっている。

leave one’s job

仕事をやめる

how it should be

「how SV」は「SがVする方法」が最も有名だが、加えて「SがVする姿・様子」とも訳せる。今回は「それがあるべき姿」と訳すのが一番自然。

to hear ~

この不定詞(to V) は「〜するために」という目的を表している。今回は、「 〜を聞くために」という意味になっている。

what she thinks

「what ~」 は「何が/を〜か」という名詞のカタマリを作ることができる。今回は、「彼女が何を思うか」という意味になっている。

long time no see.

久しぶり。

How have you been?

「会ってない間、どんな感じだった?」という意味。詳しい解説は PART 1 にて。

want 人 to V

人にVして欲しい

could V

「Vしてもよい・Vできるだろう」という意味。ありえる選択肢の一つを控えめに提示している感じ。

start with(もの)

(もの)から始める

That I wanna try…

この部分は、前の行のknowの目的語に当たる。つまり、 I know that I wanna try … だと考えれば良い。

wanna V

Vしたい(want to Vを省略した形)

brave

(人が)勇敢な

calling

「使命・天職」という意味。イメージが掴みにくいかもしれないが、この歌詞の場合では、「自分に本当に合っていて、自分こそがやるべきこと」というイメージで捉えておけば良い。

what you love

「あなたが好きな(愛している)こと」という意味。what ~ は「何が/を〜か」だけでなく「〜こと」という意味の名詞のカタマリも作ることができる。今回は後者。

I’ve always wanted to V

ずっとVしたかった

go where SV

「SがVするところに行く」という意味。goの後ろにtoを入れても良いが、後ろにwhereが続く場合は省略されることも多い。

have been to ~

「〜に行ったことがある」という意味。今回は副詞のwhereと共に使われていて、toの意味はwhereに含まれている。よって、toがなくなっている。

to New York

文の先頭の、I’ve always wanted to go につながっていると考える。

finally

やっと・ついに

feel free

自由であると感じる

to finally feel free

上記2つを合わせて、「やっと自由を感じに」という意味。この不定詞( to V ) は「〜するために」という目的を表している。

戻る